突然の発症!感染性胃腸炎で家族みんなダウン…始まりは3歳の娘から…


ご訪問ありがとうございます!


スポンサーリンク



気づけば久しぶりの更新となります。

ここ数日バタバタとしてしまいまして…

タイトル通り…

楽しいはずのGWが何と胃腸炎に感染してしまい家族全員ダウンしていました(;ω;)

子供達の看病もしつつ、

自分も感染してしまい…

数日生きた心地がしませんでした…

胃腸炎について

胃腸炎の種類

そもそも胃腸炎とは?

感染性胃腸炎には

・ウイルス性

・細菌性

の2種類があります。

・ウイルス性のものはノロやロタ、アデノウイルスなどのウイルスが原因で嘔吐や下痢をおこすもの。

・細菌性のものはO-157やサルモネラなどの細菌が原因で嘔吐や下痢をおこすもの。

感染性の胃腸炎の症状は主に…

・発熱

・嘔吐

・下痢

ノロウイルスは特に嘔吐や下痢の症状が重くでるようです。

ノロウイルスの場合も胃腸炎の時と同じように発熱が感染の初期に現れます。

ただ発熱と言っても37度〜38度程度らしく…

しかもすぐ下がってしまうそうで意外と気づかないという事もあるそうです。

ウイルス性の胃腸炎であれば嘔吐はしますが

ノロウイルスだと1日に何度も嘔吐してしまう…

といった激しい嘔吐の症状がでるのが特徴。

下痢の症状も激しくこちらも1日に何度も…

と言うのもノロによる下痢の症状。

嘔吐、下痢の症状が激しいと

下痢止めや吐き気止めを服用したくなるところ…

ですが服用はダメです!

嘔吐、下痢の症状は

ウイルスを体外に排出する為なので医師の指示なく

市販薬を服用してしまうと…

逆に体内にウイルスを留まらせてしまい悪化!

何てことにもなりかねませんので必ず病院で診察!

指示を仰ぐようにした方がいいです!

それにノロやロタは嘔吐物や便からも

空気感染してしまう感染力の高さ…

身近にいる家族には感染しやすくなるので

早く治しておきたいですよね!


スポンサーリンク

我が家の発症例

3歳の娘の例

我が家の発症例なのですが…

発症したのはまず3歳の娘。

当日は凄く元気に楽しく遊んでいたのですが

夕方いきなり嘔吐…

しかもかなりの量だったのでさすがに焦りました。

本人はこの時はケロっとしていたので

まず処理をし着替えさせてまず帰宅。

家に帰ると疲れもあってすぐ寝たはいいのですが

いきなりグズリだしまた嘔吐…

脱水が心配でしたが水分をうけつけずそれからまた寝てしまいました。

夜にはさすがに水分を欲しがり与えましたが

数時間後にまた嘔吐…

口に入れるものは全て出してしまう状況。

それからはスプーンで少しずつ与えながら様子を見るといった感じでした。

翌日、

当番病院に行き診察してもらいましたが

やはり「ウイルス性の胃腸炎」だろうとのこと。

もしかしてノロ?と思いましたが

そもそもノロウイルスは感染性胃腸炎の中の1つ。

ウイルス検査は医療機関で行う事はなく、

病院の診断も症状から判断するのみ。

症状から「ウイルス性の胃腸炎」

とだけ診断されたり「多分ノロウイルス」

と言う診断になるみたいです。

その後、

嘔吐もおさまり水分も少しずつとれるようになり

回復に向かいました。

感染拡大へ

それで終わりかと思いきや…

3歳の娘が発症して2日後に5歳の娘も発症!

ほぼ一緒の症状で感染してしまいました。

それと同時に大人も次々に感染してしまい…

パパ

ママ

ババ

と次々にダウン…(;ω;)

かろうじてジジが感染していなく…

嘔吐物の処理や子供達の面倒などを見てくれたりと本当助かりました…

GWはかろうじて1日だけ満喫…

後はずっと寝て過ごしてしまいました(;ω;)

楽しめなくて残念でしたが

みんな無事で何より…

元気でいることが1番!

美味しくご飯が食べられることが幸せ!

そう実感させられたGWでした(;ω;)

その後

お家に戻った辺りには、すっかり元気になりました!

↓気分だけでもお花見気分(笑)

読んで頂きありがとうございました♡

明日もまた皆さまにとって

より良い1日となりますように♡


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする